打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • サッカーで
    転倒し太ももを
    強打した

  • 相手選手と
    衝突し肩を
    強くぶつけた

  • 打撲をした際の
    処置方法を
    知りたい

  • 打撲の腫れを
    早くひかせたい

打撲に適切な処置を行いましょう

打撲はスポーツ中だけではなく、日常中にも発生しやすいケガです。

身近なケガのために軽視されることも多くみられます。

 

ですが、放置すると痛みや腫れが長引くことや

症状の悪化に繋がることも考えられるため早急な対処が重要です。

 

こちらのページを参考に、打撲への適切な処置を行いましょう。

打撲が起こる原因や症状についても詳しくご紹介しています。

打撲早期回復メニュー Recommend Menu

打撲の主な原因、症状について

打撲とは、身体を強打することで発生する、皮下組織(筋繊維、血管など)の損傷を言います。

負傷後の素早い処置を行うためにも、こちらでは打撲の症状と原因を詳しく確認していきましょう。

軽視されることが多いですが、危険な打撲もあるため注意が必要です。

 

【打撲の症状】

 

●疼痛

ぶつけた箇所を中心に鈍痛(圧痛)がみられます。

●腫脹

内出血によって患部が腫れてきます。
損傷が激しくなると熱感を伴い、紫色に強く腫れてくる場合があります。

受傷直後はみた目に問題がなくても、時間が経ってから徐々に紫色に変色してくるケースが多いです。

●機能障害

筋繊維を強く損傷した場合、関節運動に制限が出ることがあります。

 

【打撲の原因】

 

●スポーツ時にみられる打撲

コンタクトスポーツを中心に、身体を強くぶつけることで発生します。

・ラグビーやサッカーなど、相手選手との衝突
・コンタクトスポーツでの転倒
・格闘技の打撃
・野球のデッドボール

などが考えられます。

●日常的にみられる打撲

また、日常生活中でも打撲は発生しやすいです。

・椅子や机の角にぶつける
・高所からものを落とす
突き指をする
・段差につまずき転倒する
交通事故に遭う

などが挙げられます。

 

【危険な打撲】

 

●頭部の打撲

強く頭をぶつけた場合、脳を損傷している可能性があります。

「意識が朦朧とする」
「頭痛、めまいがする」
「記憶障害がある」

といった症状がみられる場合は、早急に医療機関に行きましょう。
症状が出なくても、頭部を強打した場合は医療機関に行くことをおすすめします。

●胸部、腹部の打撲

胸部、腹部を強打した場合は、肋骨や内臓を損傷している可能性があります。

「呼吸が苦しい」
「強い腹痛がある」
「吐き気がする」

といったような身体の異常を感じる場合は、早急に医療機関で検査を受けましょう。

打撲が疑われる際の対処法

スポーツや日常中で身体を強くぶつけた際、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

外傷の応急処置として重要な「RICE処置」を中心に、打撲の対処法を詳しくご紹介していきます。

負傷直後はみた目に出てこない場合もありますが、素早い処置によって症状の早期回復を目指せます。

 

【RICE処置】

●Rest(安静)

損傷を悪化せないよう、患部を安静にします。

●Icing(冷却)

炎症と腫脹を抑えるため、患部を袋に入った氷水で冷やします

●Compression(圧迫)

腫脹が広がらないよう、患部を包帯やバンテージで圧迫します。
腫脹が広がると知覚神経や血管が圧迫され、痛みが強くなりやすいです。
疼痛の緩和、組織の修復促進のためにも、患部の圧迫は特に重要です。
きつく締めすぎて、循環障害を起こさないようにご注意ください。

●Elevation(挙上)

内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。
軽度のものであれば問題ありませんが、痛みや腫れが強い場合は骨折の可能性があります。
自己判断せずに医療機関や接骨院・整骨院で適切な処置を受けてください。

 

【打撲の予防方法】

 

●防具をつける

打撲の予防のために、ヘルメットレガース肘当てなど防具をつけることをおすすめします。

●無理な接触を避ける

スポーツ現場での衝突、転倒は打撲を引き起こす原因として多くみられます。
ケガの予防のためにも、無理な接触はなるべく控えるようにしましょう。

下総中山整骨院の【打撲】アプローチ方法

打撲の施術法は、まずは患部の確認のためにカウンセリング各種検査を行い、患部の状態を特定していきます。

炎症部位に対して、まずは氷水などで冷却し包帯やサポーターにより圧迫固定を行います。

また、炎症の早期鎮静化を目指すためにハイボルト療法を行います。
神経や筋肉の状態を一時的に活性化させ、回復を早める効果が期待できます。

炎症が引き、腫れ等も無くなってきた段階で、硬くなった筋肉や筋膜に対して筋膜ストレッチ(リリース)を行います。

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活のいわゆるケガに対して行います。 内容としては、患部に対して電気療法、物理療法、後療法、運動療法、包帯等による固定法などがあります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)刺激を身体の深部に浸透させることで一時的に組織の活性化を促します。炎症抑制や疼痛緩和の効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各症状に合わせて特定の経穴(ツボ)や経絡に刺激を与えることで、その症状の原因である筋肉や神経系にアプローチします。

 

■テーピング

スポーツや日常でのケガに対して、さまざまな種類のテーピングを使い、症状を緩和に導きます。 捻挫などの時には固定を行い、筋緊張などの場合は血流やリンパの促通といった効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

金属製のカッサを使用して皮膚表面から擦る施術です。 筋肉と筋膜の状態を整えることや、血流やリンパの流れの改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:半田 一真(ハンダ カズマ)
出身地:群馬県
生年月日:昭和62年10月7日
血液型:AB型
趣味:スポーツ観戦
得意な施術:ゆがみ矯正、頭蓋矯正 
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:下総中山整骨院
住所〒273-0035 千葉県船橋市本中山2-19-3 ボナールTS 1F
最寄:JR 下総中山駅/京成線 京成中山駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日 日曜・祝日

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中