ストレートネックでお悩みの方へ

ストレートネックによくある症状

  • 肩よりも顔が
    前に出ている
    姿勢が気になる

  • 気がつくと
    猫背に
    なっている

  • 首から背中
    にかけてが
    常に張っている

  • ストレート
    ネックを
    改善したい

ストレートネックの影響は首肩だけにとどまりません

スマホやパソコンの普及によって、

「ストレートネック」に悩まれている方が増えていると言われています。

 

ストレートネックは、見た目の問題や首肩こりだけではなく、

全身の不調にも繋がるとも考えられています。

 

こちらのページを参考に、ストレートネックの早めの対策を始めましょう。

 

原因や日常で行える対策を分かりやすくまとめてあります。

ストレートネック改善メニュー Recommend Menu

ストレートネックの主な原因と引き起こされる症状について

ストレートネックとは、頚椎の彎曲がなくなり、首がまっすぐになった状態を言います。

先天的にストレートネックになっている場合もありますが、多くは生活習慣から引き起こされる、後天的なものだと言われています。

適切な対策を行うためにも、こちらでは、「ストレートネックの主な原因」と「ストレートネックで引き起こされる症状」を詳しくご紹介していきます。

 

【ストレートネックの主な原因】

 

主に日常生活での「姿勢不良」からストレートネックが引き起こされると考えられます。
多くみられる「猫背の姿勢」は顔を前に突き出していることから頚椎に大きな負担となり、首の湾曲が消失してしまうことが挙げられます。
猫背といった不良姿勢を招く主な原因として次のことが挙げられます。

・スマホの見過ぎ
ストレートネックを別名で「スマホ首」と呼ぶこともあります。
・長時間のデスクワーク
・読書
・高すぎる枕での睡眠

などが考えられます。

また、姿勢を支えるインナーマッスル(腸腰筋)の筋力が低下していると、骨盤が傾き、猫背姿勢に繋がりやすくなります。

 

【ストレートネックによって引き起こされる症状】

 

頚椎は軽く湾曲していることで、首周辺にかかる負担をバネのような構造で分散しています。

しかし、ストレートネックでは首の湾曲がなくなっているため、頸部から背中にかけての筋緊張が強まりやすくなると考えられます。

主な症状としては次のことが挙げられます。

●肩こり、腰痛

首肩の筋緊張によって、肩こりに繋がることが考えられます。
また、首の動きが悪くなると腰部の緊張も強まることが考えられるため、ストレートネックは腰痛の原因に繋がることがあります。

●頭痛、めまい

首周辺の緊張によって頭部への血流不足を起こし、頭痛やめまいを誘発する可能性があります。

●手のしびれ

頸部の緊張によって神経圧迫を起こすと、手のしびれに繋がる可能性があります。

●自律神経症状

頚椎まわりの緊張によって自律神経が刺激されると、心身の不調に繋がるおそれがあります。
冷えほてりイライラ不安感不眠下痢便秘などが生じることがあります。

自分で行えるストレートネックの改善・予防方法

ストレートネックを放置すると、首肩の症状だけではなく、全身の不調にも繋がる可能性があります。

特に骨格は一度変形させると元には戻せなくなることが考えられる、早めの対策が重要です。

こちらでは、ストレッチ方法や日常生活で気をつける点など、ストレートネック対策を詳しくご紹介していきます。

 

【ストレートネック改善・予防方法】

 

●座り方の改善

坐骨(お尻の骨)でしっかりと座るように意識し、骨盤、肩、耳の穴のラインが一直線上になるよう、背中を伸ばした姿勢を普段から心がけましょう。

デスクワークでは、画面が下にあると背中が丸まりやすくなります。
目線とパソコン画面がなるべく同じ高さになるよう、机や椅子の高さを調整しましょう。

●長時間の同一姿勢を避ける

長時間同じ姿勢でいると、筋緊張から骨格が固まりやすくなります
40分〜1時間を目安に肩をぐるぐると回したり、室内を軽く歩いたりして、身体を定期的に動かすようにしましょう。

 

●ストレッチ

・タオルを使った「背中そらし」

バスタオルを用意し、円柱状に丸めます。
仰向けに寝て、丸めたタオルを肩甲骨の下あたりに設置します。
その状態からバンザイすることで、背中の筋肉をストレッチできます。

・肩甲骨のストレッチ

椅子に座り、手のひらを上にして背中側で指を組みます。
頭を後ろに倒し、両腕をゆっくりと後ろに引いていきます。

首の前側と肩甲骨の周辺をストレッチできます。

 

●肩甲骨の運動

・肘を90度に曲げ、前後に大きく振りながらウォーキング
・お風呂上りにストレッチ
・仕事の休憩中に腕を回して肩甲骨を動かす

など、意識的に肩甲骨を動かすようにしてください。

肩甲骨周辺が固まっていると背中が丸まり、猫背姿勢に繋がりやすくなります

下総中山整骨院の【ストレートネック】アプローチ方法

ストレートネックは普段の姿勢不良や仕事上の姿勢が影響しているとされ、いわゆる猫背からくる頚椎の位置異常のことと考えられます。

それにより首から背中まで伸びている僧帽筋という筋肉を中心に、首から背中周りの筋肉が常に引き伸ばされ、負荷が掛かってしまっている状態とされています。

この状態を改善していくために当院で行っている施術は、姿勢を改善するために猫背矯正骨盤矯正などがあります。
また、座位や立位の状態を維持させるために楽トレ(EMS)を活用して、体幹の重要な筋肉であるインナーマッスルを鍛えて姿勢の安定を目指します。

その他にも固まってしまっている筋肉に対して、ハイボルト療法を使って直接原因の筋肉を緩めることで、症状の改善を促します。

普段から姿勢を意識することも重要になりますので、正しい姿勢セルフストレッチなどもアドバイスさせていただきますので、気軽にご相談ください。

 

【ストレートネックに対する施術方法】

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各症状に合わせて特定の経穴(ツボ)や経絡に刺激を与えることで、その症状の原因である筋肉や神経系にアプローチします。

 

■テーピング

スポーツや日常でのケガに対して、さまざまな種類のテーピングを使い、症状を緩和に導きます。 捻挫などの時には固定を行い、筋緊張などの場合は血流やリンパの促通といった効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

金属製のカッサを使用して皮膚表面から擦る施術です。 筋肉と筋膜の状態を整えることや、血流やリンパの流れの改善が期待できます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

肩・首・頭・眼の周りの筋肉を緩めて、ツボ刺激、頭蓋アプローチ、虚実反応に対応して施術を行います。 頭痛や眼精疲労はもちろん、顎関節症状改善や自律神経系の悩みの改善が目指せます。 耳ツボ療号も併せて行うため、効果の持続が期待できます。

 

■猫背矯正

猫背矯正は、主に背骨、骨盤、肩甲骨の位置関係や、その周囲の筋肉の状態を整え、症状の改善を目指す矯正方法です。 矯正前後の姿勢を撮影させていただき、毎回比較して施術の効果をご確認していただきます。

著者 Writer

著者画像
院長:半田 一真(ハンダ カズマ)
出身地:群馬県
生年月日:昭和62年10月7日
血液型:AB型
趣味:スポーツ観戦
得意な施術:ゆがみ矯正、頭蓋矯正 
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:下総中山整骨院
住所〒273-0035 千葉県船橋市本中山2-19-3 ボナールTS 1F
最寄:JR 下総中山駅/京成線 京成中山駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日 日曜・祝日

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中