肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • ダッシュをして
    太もも裏を
    痛めてしまった

  • 足を肉離れ
    して歩けない

  • 肉離れから
    少しでも早く
    スポーツ復帰したい

  • 肉離れの
    予防を行いたい

肉離れは放置しないよう気を付けましょう

肉離れは、主に瞬発的なスポーツ動作によって発生するケガです。

 

放置すると、筋肉の線維に硬さが残るおそれがあるため、

適切なケアを行う必要があります。

 

こちらのページを参考に、肉離れからの早期復帰を目指しましょう。

肉離れの原因や対処方法を詳しくまとめてあります。

肉離れ早期回復メニュー Recommend Menu

肉離れの原因、症状について

肉離れは、筋肉を部分的、もしくは完全に断裂してしまったケガを言います。

肉離れはどういったメカニズムで発生し、どのような症状がみられるのでしょうか。

 

【肉離れの主な原因】

 

肉離れは、筋が瞬発的に収縮する際に発生すると考えられ、筋収縮とともに筋肉の線維が強く伸ばされる方向に力が加わることで生じると考えられます。

主にスポーツ現場で発生することが多くみられ、次のようなことが原因として挙げられます。

・短距離走(走り出し)
・コンタクトスポーツでの衝突
・ジャンプ動作
・急な方向の切り替え

また、次の要因が重なることで肉離れのリスクが高まることが考えられます。

●柔軟性の低下

準備体操の不足疲労の蓄積などで筋肉の柔軟性が低下していると、筋肉の線維を損傷しやすくなることが考えられます。

●冷え、水分不足

身体の冷えや体内の水分量の不足は、筋肉が硬くなる要因として考えられます。

●飲酒

利尿作用によって体内の水分量が減りやすい点と、普段より大きな力を発揮しやすくなる点から、飲酒は肉離れを引き起こす原因になります。

 

【肉離れの主な症状】

 

●疼痛

損傷部に圧痛がみられ、筋肉を伸ばしたり、力を入れたりすることで痛みが現れることがあります。
また、損傷の程度によっては、患部に陥凹が生じることもあります。

●腫脹

内出血によって、患部が紫色に腫れる場合があります。
腫れは負傷直後よりも、時間が経ってから徐々に現れることが多いとされています。

●機能障害

痛みや腫れによって、関節運動に制限がみられます。
下肢を肉離れすると、接地時の痛みによって歩行困難になる場合があります。

アキレス腱部分に圧痛がみられ、「歩行はできるけど、つま先立ちができない」場合は、アキレス腱を断裂している可能性があります。

肉離れを起こした際の対処法と予防方法について

肉離れの症状が疑われる場合は、どういった対処をすれば良いのでしょうか。

肉離れを放置すると、筋肉に固いしこり(瘢痕組織)が出来て、動かした際の痛みや筋肉のつっぱり感が残るといったことも考えられます。

ケガをした際の応急処置「RICE処置」を中心に、素早い対処を行なっていきましょう。

 

【急性期の対処法】

患部の痛みや腫れを早く引かせるため、負傷後は早急に「RICE処置」を行いましょう。

●Rest(安静)

損傷を悪化せないよう、患部を安静にします。

●Icing(冷却)

炎症と腫脹を抑えるため、患部を袋に入った氷水で冷やします。
直接当てることや、長時間の冷却は凍傷に繋がることが考えられますので注意が必要です。

●Compression(圧迫)

腫脹が広がらないよう、患部を包帯やバンテージで圧迫します。

●Elevation(挙上)

内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

肉離れは、時間が経ってから腫れや痛みが強まることもあります。
RICE処置を行った後はなるべく早めに医療機関や接骨院・整骨院に行って、専門的な処置を受けてください。

処置が遅れて腫脹を長引かせるほど、瘢痕組織が形成されやすくなることが考えられます。

 

【慢性期の対処法】

 

負傷後の強い痛み、腫れが引いてきましたら、ストレッチや体操によって徐々に筋肉の柔軟性をつけていくことが大切です。

筋肉の硬さだけではなく、安静によって筋力が低下していると、再負傷しやすくなることが考えられます。

医療機関や接骨院・整骨院に相談しながらストレッチトレーニングを行い、日常動作、スポーツへの復帰を目指しましょう。

 

【肉離れの予防】

 

●運動前後のストレッチ

筋肉の柔軟性が低下していると、肉離れのリスクが高まることが考えられます。

ケガの予防のためにも、運動前には必ずストレッチを行いましょう。

また、運動後のクールダウンやお風呂上がりなどにもストレッチを行い、筋肉の柔軟性を高めておきましょう。

●こまめな水分補給

水分不足では筋肉の柔軟性が低下することが考えられるため、こまめな水分補給を忘れないようにしてください。

下総中山整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

当院での肉離れの施術は、まず患部の状態を正しく把握するために、エコー観察装置を使用し、患者さんと情報を共有させていただきます。

損傷度合いや改善までに掛かる期間を把握するためにもエコーは有用と考えられます。

検査した後は患部の炎症を抑えるために冷却し、患部の安静を図るために損傷部位にパッドを当てて、その上から包帯等で圧迫固定します。

肉離れの場合、適度な圧迫を加えた方が損傷部位の回復が早くなることが考えられます。

患部の状態が落ち着いてきたら、筋力低下を起こさないようハイボルト療法にて筋肉と神経の活性化を目指し、柔軟性の低下を防ぐために可能な範囲でストレッチを行なっていきます。

スポーツを行なっている方であれば、徐々に競技に則した動作を行えるように運動療法バランストレーニングをアドバイスさせていただきます。

これらを行うことで、受傷から復帰までの流れを早くすることが期待できます。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活のいわゆるケガに対して行います。 内容としては、患部に対して電気療法、物理療法、後療法、運動療法、包帯等による固定法などがあります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)刺激を身体の深部に浸透させることで一時的に組織の活性化を促します。炎症抑制や疼痛緩和の効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各症状に合わせて特定の経穴(ツボ)や経絡に刺激を与えることで、その症状の原因である筋肉や神経系にアプローチします。

 

■テーピング

スポーツや日常でのケガに対して、さまざまな種類のテーピングを使い、症状を緩和に導きます。 捻挫などの時には固定を行い、筋緊張などの場合は血流やリンパの促通といった効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

金属製のカッサを使用して皮膚表面から擦る施術です。 筋肉と筋膜の状態を整えることや、血流やリンパの流れの改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:半田 一真(ハンダ カズマ)
出身地:群馬県
生年月日:昭和62年10月7日
血液型:AB型
趣味:スポーツ観戦
得意な施術:ゆがみ矯正、頭蓋矯正 
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:下総中山整骨院
住所〒273-0035 千葉県船橋市本中山2-19-3 ボナールTS 1F
最寄:JR 下総中山駅/京成線 京成中山駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日 日曜・祝日

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中