肩こりでお悩みの方へ

肩こりによくある症状

  • マッサージを
    しても肩のコリが取れない

  • 夕方になると
    肩こりがつらく
    なってくる

  • ストレッチをしても肩こりが
    改善しない

  • 肩のハリ感が気になって仕事に集中できない

セルフケアで長年の肩こりを解消させましょう

肩こりは、年齢や性別を問わず、多くの方を悩ませる症状として知られています。

 

慢性化してしまい肩のコリ感やハリ感が、
当たり前になってしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

肩こりの多くは、生活習慣の見直しによって

改善が期待できると考えられています。

 

原因を理解して、効果的なセルフケアを行いましょう。

肩こり改善メニュー Recommend Menu

肩がこる主な原因について

肩のコリ感やハリ感が気になって、日常生活に支障を感じる場合があります。

また、筋肉のコリが悪化すると痛みに繋がることもあるため、早めの改善を目指したいものです。

肩こりへの効果的なケアを行うためにも、こちらでは肩こりが生じる主な原因を詳しくみていきましょう。

 

【肩こりの主な原因】

 

肩こりは、肩まわりの筋緊張、循環不足から引き起こされると言われています。

血行が悪くなることで、コリ感や重だるさの原因となる老廃物が排出されにくくなるためと考えられます。

日常生活において、肩の緊張が強まる原因として次のことが挙げられます。

●不良姿勢

スマホの操作長時間のPC作業(デスクワーク)では前屈みの姿勢が続くため、首肩まわりの緊張が強まってしまうことがみられます。
特に運動不足や加齢によって体幹の筋力が低下していると、骨盤が傾いて姿勢が崩れやすくなると言えます。

●眼精疲労

こめかみや目のまわりの疲労から、首肩への緊張に繋がることが考えられます。

●ストレス

過度なストレスによって交感神経が過剰に興奮すると、身体全体が緊張しやすくなってしまいます。

●身体の使い方の間違い

負担のかかるフォームで運動を続けていたり、同じ箇所を使い続けていたりすると、身体に疲労が溜まりやすくなると言えます。

●セルフケア不足

ストレッチや体操など、日常でセルフケアを行っていないと肩の柔軟性の低下に繋がってしまいます。

●生まれつきの骨格

なで肩の場合、肩の位置が下にさがるため、肩の筋肉が伸ばされて緊張が強まりやすくなっています。
特に女性は筋肉量が少ないため、肩まわりの血流が悪くなりやすいです。

また、日本人などの東洋人は頭の大きさの割に肩幅が狭く、肩こりになりやすい骨格をしていると言われています。

肩こり解消に効果的なセルフケア

肩こりの改善、予防を目指すためには、肩の柔軟性を高めて、血流を促進することが大切です。

こちらでは、ストレッチや運動、日常で気をつける点を中心に、簡単に行える肩こり解消法をご紹介していきます。

 

【肩こり改善方法】

 

●姿勢を正す

背中が丸まって猫背になっていると、前側に傾いた頭を支えるために、首肩が緊張しやすくなります。
デスクワークでは背もたれまで深く腰掛け、骨盤、肩、耳の穴のラインが一直線上に並ぶよう、背中を伸ばした姿勢を意識しましょう。

また、パソコンの画面と目線の高さが大体同じ高さになるよう、机や椅子の高さを調整すると、正しい姿勢をとりやすくなります。

●定期的に身体を動かす

長時間身体を動かさないと、姿勢維持のために身体が常に緊張した状態になります。

時間を区切って休憩を入れ、肩を回すストレッチをする、室内を軽く歩くなど、定期的に身体を動かすようにしましょう。

●目のまわりを温める

仕事終わりや寝る前など、蒸しタオルを乗せて目のまわりを温めましょう。眼精疲労の回復に効果的です。

●ストレッチ

・首肩のストレッチ

頭を横に倒し、首肩の筋肉をゆっくりと伸ばしましょう。
頭を後ろや前に傾けることで、首肩の広い範囲を伸ばしてください。

・肩甲骨のストレッチ

背中側で指を組み、両腕をいけるところまで後ろに引いていきましょう。
顔は正面かやや上を向くことで、背中の筋肉を伸ばしやすくなります。

●ウォーキング

適度な全身運動(ウォーキング)は気晴らしによるストレス発散効果と、循環の改善を期待できます。
肘を90度に曲げて、腕を前後に大きく振って歩くと、肩甲骨まわりの筋肉を動かせます。
毎日20分以上を目標に、歩く時間を作りましょう。

下総中山整骨院の【肩こり】アプローチ方法

当院で行なっている施術としては、まず始めに症状の原因をヒアリング検査にて明確にします。

肩こりは、さまざまな症状を引き起こすキッカケになってしまうことが考えられます。
そのため、症状の原因やそのままの状態を維持してしまうとどうなるのか、などをしっかりとご説明させていただきます。

肩こりの状態に合わせて、姿勢不良が原因となっている場合には姿勢矯正を、筋肉や筋膜の緊張が原因となっている場合には筋膜ストレッチ(リリース)ハイボルト療法を行います。

そもそも骨盤のゆがみが原因となっている場合には骨盤矯正筋力低下が著しい場合には楽トレ(EMS)をおすすめさせていただきます。

なるべく良い姿勢を維持することができるように、さまざまな角度からアプローチさせていただきます。

最終的には正常な姿勢を手に入れていただくことで、痛みや不快な感じを改善することが期待できます。

 

【肩こりに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)刺激を身体の深部に浸透させることで一時的に組織の活性化を促します。炎症抑制や疼痛緩和の効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各症状に合わせて特定の経穴(ツボ)や経絡に刺激を与えることで、その症状の原因である筋肉や神経系にアプローチします。

 

■テーピング

スポーツや日常でのケガに対して、さまざまな種類のテーピングを使い、症状を緩和に導きます。 捻挫などの時には固定を行い、筋緊張などの場合は血流やリンパの促通といった効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみや各関節のズレなどを正常な位置に戻すことを目指した施術です。 整えることによって関節運動の正常化や、姿勢改善に繋がることが期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

金属製のカッサを使用して皮膚表面から擦る施術です。 筋肉と筋膜の状態を整えることや、血流やリンパの流れの改善が期待できます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

 

■カッピング

吸い玉療法とも言われ、カップで皮膚を吸引することで血液循環を改善に導施術です。 血行不良が原因で起きていた身体の不調の改善が目指せます。 期待できる効果としては、肩こりや腰痛、生理痛の緩和、疲労回復、冷え性やむくみの改善などが挙げられます。

 

■PIA

人間の身体には本来、生体の磁場や生体電流があり、それらが乱れた状態がいわゆる『病気』と言います。 PIAは、生体エネルギー(気)や異種金属や磁石を使用して、その乱れた状態を整えることで症状の改善を目指す施術です。

 

■小顔矯正

小顔矯正は、頭蓋骨の微小なズレや顔面の筋肉を整えることで、小顔効果や顎関節症の改善を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:半田 一真(ハンダ カズマ)
出身地:群馬県
生年月日:昭和62年10月7日
血液型:AB型
趣味:スポーツ観戦
得意な施術:ゆがみ矯正、頭蓋矯正 
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:下総中山整骨院
住所〒273-0035 千葉県船橋市本中山2-19-3 ボナールTS 1F
最寄:JR 下総中山駅/京成線 京成中山駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日 日曜・祝日

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中