原因不明の痛み・しびれ
(足・足の裏)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)によくある症状

  • 前屈みになると
    足にしびれが
    生じる

  • 長時間座って
    いると太ももが
    痛くなってくる

  • 足裏に薄皮が一枚はさまっているような感覚がある

  • 足裏がしびれている原因が
    わからない

足のしびれ・痛みは腰に原因があるかもしれません

原因のよく分からない、足の痛みやしびれでお悩みではありませんか。

 

しびれの原因はさまざまに考えられますが、

脊柱、骨盤部分の問題や、病気なども考えられます。

 

原因をしっかりと理解し、適切な対処を行なっていきましょう。

原因不明の痛み・しびれ改善メニュー Recommend Menu

足の痛みやしびれの主な原因について

足〜足裏のしびれは、どのように生じているのでしょうか。

自覚症状は下肢に出ていますが、腰部や骨盤部分が原因となっている可能性が高いです。

 

【足から足裏の痛み・しびれの原因】

 

しびれの症状が起こる原因として、主に次のことが考えられます。

●坐骨神経痛

脊髄から枝分かれした坐骨神経が圧迫され、下肢(お尻、太もも裏、ふくらはぎ、すね、足部)に痛みやしびれを生じたものです。
坐骨神経痛を引き起こす原因としては、主に「脊柱の疾患」「筋肉の緊張」が挙げられます。

・腰椎椎間板ヘルニア

椎骨と椎骨の間でクッションの役割をしている椎間板が、後方に飛び出したものです。
飛び出した椎間板によって坐骨神経が圧迫され、しびれや痛みを生じることがあります。
加齢による脊柱の変性や、肉体労働(重量物の持ち運び)などが主な原因として挙げられます。

・脊柱管狭窄症

脊椎や椎間板の変性によって脊柱管が狭くなり、周辺の坐骨神経を圧迫したものです。
脊柱が変性する原因としては、主に加齢が挙げられます。

・お尻まわりの筋肉の緊張(梨状筋症候群)

梨状筋の緊張によって、骨盤部を走る坐骨神経が圧迫される場合があります。
梨状筋が緊張する原因としては、「長時間の座位姿勢」「立ち仕事」「過度なランニング」などが挙げられます。

●足根管症候群

くるぶしにある足根管が狭くなり、その中を通る神経が圧迫されたものです。
足裏にしびれを生じやすいことが挙げられます。
足根管が狭くなる原因には、足首の骨折捻挫足のむくみなどがみられます。

●循環不足

下肢への循環量が低下することで、しびれを生じることがあります。

・エコノミークラス症候群

下肢にできた血栓(血の塊)によって血管が詰まり、足のしびれを生じることがあります。
血栓ができる原因としては、長時間の同じ姿勢(自動車や飛行機での長距離の移動など)が挙げられます。

・内臓疾患

閉塞性動脈硬化症糖尿病などがあると下肢への循環量が低下し、しびれに繋がることがあります。

日常で行える足〜足裏のしびれ、痛みの対策

足の痛みやしびれを改善するためには、どのような対策が効果的なのでしょうか。

原因を考慮すると、腰部や骨盤部の柔軟性を高め、下肢への循環を改善することが大切だと考えられます。

こちらでは、ストレッチ方法や日常で気をつける点を中心に、足のしびれ対策をご紹介していきます。

 

【痛みやしびれの対策について】

 

●正しい姿勢を意識する

腰部から骨盤部分の負担を軽減するために、背中を伸ばした正しい姿勢を普段から意識しましょう。
腰椎は軽く前弯していることで、脊柱にかかる負担をバネのように分散しているためです。
多くの方にみられる猫背姿勢では、腰椎の前弯が消失してしまいまうことが考えられます。

姿勢を改善しやすいよう、デスクワークでは椅子や机の高さを調整しましょう。

●長時間同じ姿勢をとらない

長時間身体を動かさないと循環の低下を招きます。
「足首をぐるぐると回す」「つま先を上げ下げする」「軽く歩く」など、こまめに身体を動かすように心がけましょう。

●ストレッチ

・お尻まわりのストレッチ

特に梨状筋症候群の場合におすすめのストレッチです。

左膝を曲げて、右足の上にクロスします。
右肘で左膝を内側に押すようにしながら体幹を左に捻ると、左側のお尻をストレッチできます。
左右バランスよく、10秒ほどかけてゆっくりと伸ばしていきましょう。

・太もも裏、ふくらはぎのストレッチ

椅子に座り、片膝を伸ばします。
そこから上体を前に倒していくと、太もも裏〜ふくらはぎをストレッチできます。
膝が伸びている側のつま先を手前に反らせるようにすると、より太もも裏にストレッチを加えられます。

●医療機関にかかる

病気によって、足の痛みやしびれが生じている場合があります。
日常生活に支障が出るほどの痛みやしびれが出ている場合や、身体に何らかの不調を覚えるようであれば、速やかに医療機関に行くようにしましょう。

下総中山整骨院の【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)】アプローチ方法

足のしびれに関しては、まず接骨院・整骨院でみれるものかどうかカウンセリング各種検査を行い判断します。

その後、接骨院・整骨院でみれないものに関しては、医療機関をご紹介させていただきます。
当院で施術が行える場合に関しましては、そのまま施術させていただきます。

当院での痛み・しびれに関しての施術方法として、まずしびれを起こしている神経を特定することが重要と考えています。

その神経に対して、もしくはその神経を圧迫してしまっている筋肉、またはその両方に対してアプローチしていきます。

アプローチ方法は、両方に効果の期待できるハイボルト療法、筋肉や神経の圧迫が起きている原因には姿勢不良なども影響しているので姿勢矯正猫背矯正などの矯正メニューをご提案いたします。

他にも、腰椎や股関節周囲の不調によっても起こることが考えられますので、それぞれの関節に対してもアプローチを加えることによって、しびれや痛みの軽減、改善が期待できます。

 

【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)刺激を身体の深部に浸透させることで一時的に組織の活性化を促します。炎症抑制や疼痛緩和の効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各症状に合わせて特定の経穴(ツボ)や経絡に刺激を与えることで、その症状の原因である筋肉や神経系にアプローチします。

 

■テーピング

スポーツや日常でのケガに対して、さまざまな種類のテーピングを使い、症状を緩和に導きます。 捻挫などの時には固定を行い、筋緊張などの場合は血流やリンパの促通といった効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみや各関節のズレなどを正常な位置に戻すことを目指した施術です。 整えることによって関節運動の正常化や、姿勢改善に繋がることが期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

金属製のカッサを使用して皮膚表面から擦る施術です。 筋肉と筋膜の状態を整えることや、血流やリンパの流れの改善が期待できます。

 

■PIA

人間の身体には本来、生体の磁場や生体電流があり、それらが乱れた状態がいわゆる『病気』と言います。 PIAは、生体エネルギー(気)や異種金属や磁石を使用して、その乱れた状態を整えることで症状の改善を目指す施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:半田 一真(ハンダ カズマ)
出身地:群馬県
生年月日:昭和62年10月7日
血液型:AB型
趣味:スポーツ観戦
得意な施術:ゆがみ矯正、頭蓋矯正 
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:下総中山整骨院
住所〒273-0035 千葉県船橋市本中山2-19-3 ボナールTS 1F
最寄:JR 下総中山駅/京成線 京成中山駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日 日曜・祝日

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中