更年期障害でお悩みの方へ

更年期障害によくある症状

  • 急に顔が
    ほてってしまう

  • 理由もなく
    イライラ
    してしまう

  • 更年期に入り、
    ずっと体調が
    悪い

  • 更年期障害の
    症状を少しでも
    緩和したい

更年期のトラブルでお悩みではありませんか

ほてりやのぼせ頭痛イライラなど、

更年期における心身の不調でお悩みではありませんか。

 

人によっては肩こりや腰痛、手のしびれなどが起こることもあります。

 

こちらのページでは、更年期障害の主な原因と、

日常で行える対策を分かりやすくまとめてあります。

 

原因をしっかりと理解して、適切な対処を行なっていきましょう。

更年期障害改善メニュー Recommend Menu

更年期障害の原因や症状について

更年期障害は、閉経前後の5年間(45〜55歳あたり)に生じる、心身の不調を言います。

主に自律神経の乱れが引き金となり、症状も「自律神経失調症」と概ね同じです。

こちらでは、更年期に自律神経が乱れる原因と、更年期障害にみられる症状を詳しくご紹介していきます。

 

【更年期に自律神経が乱れる原因】

 

●女性ホルモンの乱れ

女性は閉経に伴って卵巣の機能が衰え、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が急激に低下すると言われています。

体内のエストロゲンが減少するため、脳から卵巣に対して、女性ホルモンの分泌を促すように働きかけます。
しかし、閉経後の卵巣からは、エストロゲンが十分に分泌されることはありません。

その結果、ホルモンバランスを整えようと脳が過剰に興奮してしまい、自律神経の調整に影響が出てくることが考えられます。

●日常生活のストレス

更年期は子育てや仕事、親の介護といった日常生活でストレスを生じやすい年代とも言われています。
ストレスによっても、自律神経は乱れやすくなることが考えられます。

 

【男性の更年期障害について】

 

男性ホルモン(テストステロン)の分泌低下によって、男性にも更年期障害を生じることがあります。

しかし、男性ホルモンの分泌低下は緩やかなため、女性と比較すると症状は軽いことが多いとされています。

 

【若年性更年期障害について】

 

過度なダイエット生活習慣の乱れ仕事でのストレスなどによって自律神経が乱れ、若い方でも更年期障害の症状がみられる場合があります。

 

【更年期障害の主な症状】

 

代表的な早期症状として「ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)」が挙げられます。
自律神経が乱れ、血管の拡張や放熱のコントロールがうまくできなることで生じると考えられます。

その他の早期症状には次のようなことが挙げられます。

・発汗
・冷え
・頭痛、耳鳴り、めまい
・肩こり
・腹痛
・不眠
・イライラ
・うつ状態、不安感
・動悸息切れ

など、多くの症状がみられます。

また、遅発症状には次のようなことが挙げられます。

・性交痛
・尿失禁
・腰痛
・皮膚の乾燥

などがみられます。

更年期障害の症状をやわらげる方法

更年期障害は女性ホルモンの分泌低下から生じる、自律神経の乱れが主な原因として考えられています。
主な改善方法として薬や漢方が挙げられていますが、日常的な対策を行うことで早期改善が期待できます。

日常生活において自律神経の乱れを軽減させるためには、どのような対策があるのでしょうか。
こちらでは、日常で行える更年期障害の対処法・予防方法を詳しくご紹介していきます。

 

【更年期障害の対処・予防方法】

 

●ストレス解消

・趣味を楽しむ
・友達と何気ない会話をする
・軽い運動をする
・自然に触れる機会を作る

といったような、ストレスを発散する時間を意識的につくることが大切です。
適度な有酸素運動(ウォーキング、軽いジョギング、サイクリングなど)はストレス発散だけではなく、息切れや動悸の改善にも効果的です。

●規則正しい生活

不規則な生活はストレスとなり、自律神経の乱れに繋がってしまいまうことがあります。
規則正しい生活習慣を心がけ、睡眠も毎日7時間以上は取るように気をつけましょう。

●腸内環境を整える

腸内環境を整えることで、自律神経の乱れ改善を期待できます。
腸内環境を整えるためには、食事が大切です。

・発酵食品(善玉菌を腸に入れる):納豆、キムチ、漬物、ヨーグルトなど。
・食物繊維、オリゴ糖(善玉菌のエサ):バナナ、玉ねぎ、にんにく、野菜、きのこ、ナッツ類など。

反対に、腸内環境を悪化させる、過度な飲酒は控えるようにしましょう

「イソフラボン」は、エストロゲンと似た作用があると言われています。
更年期障害の症状を軽減させるためには、イソフラボンが含まれる大豆製品(納豆、豆腐、きな粉など)を積極的に摂取することをおすすめします。

下総中山整骨院の【更年期障害】アプローチ方法

更年期障害というのは女性に起こりやすいと言われています。

ホルモンバランスが崩れて自律神経に乱れが生じることで、頭痛めまいホットフラッシュむくみ痙攣などさまざまな症状が出てきます。

これらを改善するためには、しっかり自律神経を整えることが重要です。

当院では自律神経調整ドレナージュ(EHD)炭酸ヘッドスパ骨格矯正などを行います。
また、それらの施術を組み合わせることにより、乱れた自律神経の状態を整えることが期待できます。

ただし、一回の施術で改善するのではなく、繰り返し定期的に行うことで、正常な状態を身体や脳に記憶させることを目指します。
そうすると多少の環境の変化や、ストレス等による負荷にも耐えることができるようになると考えられます。

 

【更年期障害に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)刺激を身体の深部に浸透させることで一時的に組織の活性化を促します。炎症抑制や疼痛緩和の効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各症状に合わせて特定の経穴(ツボ)や経絡に刺激を与えることで、その症状の原因である筋肉や神経系にアプローチします。

 

■テーピング

スポーツや日常でのケガに対して、さまざまな種類のテーピングを使い、症状を緩和に導きます。 捻挫などの時には固定を行い、筋緊張などの場合は血流やリンパの促通といった効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみや各関節のズレなどを正常な位置に戻すことを目指した施術です。 整えることによって関節運動の正常化や、姿勢改善に繋がることが期待できます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

肩・首・頭・眼の周りの筋肉を緩めて、ツボ刺激、頭蓋アプローチ、虚実反応に対応して施術を行います。 頭痛や眼精疲労はもちろん、顎関節症状改善や自律神経系の悩みの改善が目指せます。 耳ツボ療号も併せて行うため、効果の持続が期待できます。

 

【DPL】

足の関節を整え、老廃物を流しやすい状態を目指します。 足裏から膝裏・太ももの裏まで、クリームを使用して老廃物を末梢から中枢に向かって押し流します。 足のむくみや冷え、膝痛や腰痛などにも効果が期待できる、気持ちの良い施術です。

 

■PIA

人間の身体には本来、生体の磁場や生体電流があり、それらが乱れた状態がいわゆる『病気』と言います。 PIAは、生体エネルギー(気)や異種金属や磁石を使用して、その乱れた状態を整えることで症状の改善を目指す施術です。

 

■季節調整

季節や時期毎に身体へさまざまな症状、変化や悩みが出てくることが考えられます。 季節調整ではその症状を改善に導くため、季節毎に多種多様なメニューをご提案します。 メニューとしては『花粉症整体』『炭酸ヘッドスパ』などが挙げられます。

著者 Writer

著者画像
院長:半田 一真(ハンダ カズマ)
出身地:群馬県
生年月日:昭和62年10月7日
血液型:AB型
趣味:スポーツ観戦
得意な施術:ゆがみ矯正、頭蓋矯正 
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:下総中山整骨院
住所〒273-0035 千葉県船橋市本中山2-19-3 ボナールTS 1F
最寄:JR 下総中山駅/京成線 京成中山駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日 日曜・祝日

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中