スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • サッカーでバランスを崩し、足首を捻挫して
    しまった

  • 走り込みをしていると、膝が痛くなってきた

  • スポーツ中のケガをなるべく
    予防したい

  • パソコン作業をしていると、手首が痛くなってきた

スポーツによるケガへの正しい対処・予防を行いましょう

スポーツ現場では、急な強い外力を受けたり、

身体を使いすぎたりすることで、ケガが発生しやすくなっています。

 

こちらのページを参考に、

適切な対処で早期のスポーツ復帰を目指しましょう。

 

スポーツ中にケガが発生する原因や、

日常的に行える予防策についても詳しくまとめてあります。

スポーツによるケガ早期回復メニュー Recommend Menu

スポーツ外傷、スポーツ障害の違いについて

スポーツによるケガは、「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2種類に分けられます。

適切な対処、予防を行っていくためにも、スポーツ中に発生するケガのメカニズムを、こちらで詳しく確認していきましょう。

 

【スポーツ外傷について】

 

スポーツ外傷とは、一度の大きな外力によって発生したケガです。

・ラグビーでの激しい衝突
・サッカーでの転倒
・テニスのサーブによる肩への強い負荷 など。

日常生活においても、
「段差の踏み外し」「高所からの転落」「交通事故」
などで、スポーツ外傷が発生する可能性があります。

 

●主なスポーツ外傷

・捻挫

関節を強く捻り、靭帯や関節包を損傷したものです。
足関節に多く発生することがみられます。

・打撲

身体の一部を強打し、皮下の血管や筋肉などを損傷したものです。
上肢や下肢に発生しやすいことがあります。

・肉離れ

瞬発的な筋収縮によって、筋繊維を損傷したものです。
ふくらはぎや太ももなど、下肢の筋肉に多く発生することがあります。

その他、骨折、脱臼、腱断裂なども、代表的なスポーツ外傷に挙げられます。

 

【スポーツ障害について】

 

スポーツ障害とは、繰り返しの外力によって発生したケガです。
次の3つの要素が重なるほど、スポーツ障害のリスクが高まります。

・オーバーユース(overuse):使いすぎ
・ミスユース(misuse):間違った身体の使い方
・ディスユース(disuse):準備不足での運動 日常生活においても、「家事による手首の使いすぎ」「仕事での長距離の歩行」「過度な肉体労働」などで、スポーツ障害が引き起こされる可能性があります。

●主なスポーツ障害

・オスグッド

膝下の痛みです。
ジャンプ動作、ランニング、サッカーのキック動作などの過度な繰り返しによって発生することがあります。

・野球肘

肘の内側の痛みです。過度な投球動作の繰り返しによって発生します。
オスグッド、野球肘は、成長期の子どもに発生しやすいです。

・ランナー膝

過度なランニングによって発生した、膝の外側の痛みです。

・テニス肘

テニスのバックハンドの繰り返しによって発生する、肘の外側の痛みです。
中高年の女性に多く生じます。

その他、「ジャンパー膝」「シンスプリント」「足の疲労骨折」といったスポーツ障害もあります。

スポーツ中に発生したケガへの対処法

スポーツ中にケガをした場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

外傷に効果的な「RICE処置」を中心に、ケガの対処法と予防方法を分かりやすくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

急性のケガや、使いすぎによって痛みが生じた場合、速やかに「RICE処置」を行いましょう。

●Rest(安静)

損傷を悪化せないよう、患部を安静にします。

●Icing(冷却)

炎症と腫脹を抑えるため、袋に入った氷水やアイスバックで患部を冷やします。
冷やしすぎにならないよう、タオル越しに当てるようにしてください。

●Compression(圧迫)

腫脹が広がらないよう、患部を包帯やバンテージで圧迫します。

●Elevation(挙上)

内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。
痛みや腫れが強い場合、早急に医療機関や接骨院・整骨院に行って、専門的な処置を受けてください。

処置が遅れるほど回復に時間がかかり、スポーツへの復帰も遅れてしまうことが考えられます。

 

【ケガの予防方法】

 

●運動量の見直し

使いすぎによって痛みが生じている場合、運動量の調整が必要です。
特に野球肘やオスグッドなど、子どもに発生がみられるケガでは、無理をすると骨の成長に影響が出るおそれがあります。

●正しいフォームを身につける

身体の同じ箇所に痛みを繰り返している場合、身体の使い方が間違っている可能性があります。
コーチに相談するなどして、正しいフォームを身につけるようにしましょう。

●ストレッチをする

身体が固い状態で運動を始めると、ケガのリスクが高まります。
運動前には必ずストレッチを行い、筋肉の柔軟性をつけるようにしましょう。

また、運動後にもストレッチを行い、疲労を抜いておくこともケガの予防に大切です。

下総中山整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

スポーツによるケガの施術は、スポーツによって異なります。
スポーツ動作の中には、それぞれ次のように障害される特定の部位があります。

・投球動作
肩関節、肘関節

・打球動作
肘関節、手関節

・蹴り動作
股関節、膝関節

・走り動作
下肢全般

スポーツ動作を行うことで一発の外力によって起こる急性外傷と、その動作を繰り返し行う事で起こる反復性の外傷に分けられます。
どちらの症状でも、基本的には炎症を抑えるためにアイシング(冷却)を行い、患部の安静を図るために包帯やサポーターなどで固定を行います。

炎症期を過ぎた後は、負傷部位周囲の筋肉の状態を改善するためにハイボルト療法筋膜ストレッチ(リリース)を行い、その部位に負荷のかからないようにするためフォーム修正・バランス改善トレーニング、体幹筋の強化のために楽トレ(EMS)体幹トレーニングのアドバイスを行います。

これらをなるべく早期から行うことで競技への早期復帰を目指すとともに、再受傷防止にも繋げることが期待できます。

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活のいわゆるケガに対して行います。 内容としては、患部に対して電気療法、物理療法、後療法、運動療法、包帯等による固定法などがあります。

 

■特殊固定具

骨折や捻挫などをした際に、患部の状態や形状に合わせるために特殊な固定具を使って固定を行います。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)刺激を身体の深部に浸透させることで一時的に組織の活性化を促します。炎症抑制や疼痛緩和の効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各症状に合わせて特定の経穴(ツボ)や経絡に刺激を与えることで、その症状の原因である筋肉や神経系にアプローチします。

 

■テーピング

スポーツや日常でのケガに対して、さまざまな種類のテーピングを使い、症状を緩和に導きます。 捻挫などの時には固定を行い、筋緊張などの場合は血流やリンパの促通といった効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみや各関節のズレなどを正常な位置に戻すことを目指した施術です。 整えることによって関節運動の正常化や、姿勢改善に繋がることが期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

金属製のカッサを使用して皮膚表面から擦る施術です。 筋肉と筋膜の状態を整えることや、血流やリンパの流れの改善が期待できます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

肩・首・頭・眼の周りの筋肉を緩めて、ツボ刺激、頭蓋アプローチ、虚実反応に対応して施術を行います。 頭痛や眼精疲労はもちろん、顎関節症状改善や自律神経系の悩みの改善が目指せます。 耳ツボ療号も併せて行うため、効果の持続が期待できます。

 

【DPL】

足の関節を整え、老廃物を流しやすい状態を目指します。 足裏から膝裏・太ももの裏まで、クリームを使用して老廃物を末梢から中枢に向かって押し流します。 足のむくみや冷え、膝痛や腰痛などにも効果が期待できる、気持ちの良い施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:半田 一真(ハンダ カズマ)
出身地:群馬県
生年月日:昭和62年10月7日
血液型:AB型
趣味:スポーツ観戦
得意な施術:ゆがみ矯正、頭蓋矯正 
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:下総中山整骨院
住所〒273-0035 千葉県船橋市本中山2-19-3 ボナールTS 1F
最寄:JR 下総中山駅/京成線 京成中山駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日 日曜・祝日

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中