捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 指を動かすと
    痛みがある

  • 足をくじいた後
    足首が
    腫れてきた

  • 捻挫から
    できるだけ早く
    スポーツ復帰
    したい

  • 腱鞘炎の痛みを
    できるだけ
    緩和したい

関節の痛みでお悩みではありませんか

「捻挫」「腱炎・腱鞘炎」は、主に関節付近に起こる症状です。

 

関節を強く捻った、手首の痛みがある、といった方は、

ぜひこちらのページをご参照ください。

 

考えられる原因と日常で行える対策を分かりやすくご紹介しています。

捻挫・腱炎・腱鞘炎早期回復メニュー Recommend Menu

捻挫、腱炎・腱鞘炎の原因や症状について

「捻挫」と「腱炎・腱鞘炎」は、どのような違いがあるのでしょうか。

痛みが発生する原因や症状をこちらで詳しくご紹介していきます。

 

【捻挫】

 

捻挫とは、関節を強く捻ることで発生した靭帯や腱などの損傷を言います。

スポーツ、日常生活を問わず、足首を内側に強く捻る「足関節捻挫」の発生が特に多くみられます。

●捻挫の主な原因

正常の可動域を超えた関節運動が起こった際に捻挫は発生すると言われています。

主に次のような原因が挙げられます。

スポーツでの転倒
・球技スポーツでの指の捻挫(突き指
・交通事故(むちうち
・段差につまづく
階段を踏み外す

などが考えられます。

歩いている時にしっかりと足が上がっていない方は、段差につまずき捻挫が発生しやすいです。
また、一度の大きな外力ではなく、繰り返しの外力が加わることで靭帯を損傷するケースもあります。
腰部の捻挫などが挙げられます。

●捻挫の主な症状

・疼痛:関節の周辺に鈍痛があり、損傷した靭帯部に限局した圧痛もみられます。
・腫脹:血管の損傷や炎症によって、患部が紫色に腫れてきます。
・機能障害:痛みや腫れによって、関節運動に制限が出ます。

また、関節を支えている靭帯や関節包が伸ばされるため、関節がグラグラと不安定な状態になる場合もあります。

 

【腱炎・腱鞘炎】

 

腱と腱鞘が擦れることで、炎症を起こしたものだと考えられています。

●腱について

筋肉と骨を繋いでいる組織です。

●腱鞘について

腱を包んでいる組織です。
筋収縮力が末端部にまで伝わるよう、滑車の役割をしています。

腱鞘炎は親指の付け根に発生しやすいですが、肩関節やアキレス腱などにも発生することがあります。

●腱炎・腱鞘炎の主な原因

関節の使いすぎ(オーバーユース)が、主な原因となります。
また、次の要因が重なることで、腱炎・腱鞘炎のリスクが高まります。

・不良姿勢

不良姿勢によって肩の緊張が強まると、肘や手首の動きにも硬さが出てしまうためです。

・柔軟性の低下

関節の柔軟性が低下していると、同じ動きでも腱と腱鞘が擦れやすくなるためです。
また、赤ちゃんの抱っこや授乳動作などに慣れていないため、初産の方に腱鞘炎は発生しやすいです。
このような際の症状は「初産腱鞘炎」と言われています。

●腱炎・腱鞘炎の主な症状

・動作時痛:関節を動かした際に痛みが生じることがあります。
・圧痛:炎症を起こしている部位に圧痛があります。
・腫れ、熱感:炎症が強まると患部が腫れたり、熱感を持ったりすることがあります。

自分で行える捻挫、腱炎・腱鞘炎の対処法

捻挫や腱炎・腱鞘炎の症状が疑われる場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

痛みを悪化させないためにも、素早い処置が求められます。

こちらでは、ケガを負った際の対処法と、関節の負担を軽減するための予防法についてご紹介していきます。

 

【捻挫の対処・予防法】

 

ケガを負った際の対処法として「RICE処置」が挙げられます。

●Rest(安静)

損傷を悪化せないよう、患部を安静にします。

●Icing(冷却)

炎症と腫脹を抑えるため、患部を冷却します。
冷やしすぎにならないよう、氷水やアイスバッグをタオル越しに当てて冷やすようにしましょう。

●Compression(圧迫)

腫脹が広がらないよう、患部を包帯やバンテージで圧迫します。

●Elevation(挙上)

内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

痛みや腫れが強い場合は、なるべく早めに医療機関や接骨院・整骨院に行って、専門的な処置を受けてください。
疼痛、腫脹が落ち着いてきましたら、軽い運動から始めて、徐々に運動の強度を高めていきましょう。

●捻挫の予防法

捻挫は関節が強く捻られることで発生すると言われています。
スポーツや肉体労働時には、サポーター、テーピングなどで関節を固定しておくと、捻挫の予防に繋がります。

 

【腱炎・腱鞘炎の対処・予防法】

 

●腱炎・腱鞘炎の対処

使いすぎによって痛みが生じるため患部を休ませることが大切です。

痛みや腫れが強い場合は、患部を氷水によって冷却しましょう。
このとき冷やしすぎてしまうと凍傷の危険があるため、熱感が引いたら冷却をやめましょう。

仕事でどうしても手を使わないといけない場合は、テーピングやサポーターで関節を保護しておくと、負担の軽減が期待できます。

●腱炎・腱鞘炎の予防

手首をストレッチしたり、前腕部分(肘と手首の間部分)をセルフマッサージしたりすることで、筋肉の柔軟性を高めましょう
緊張が強まっていると、腱と腱鞘が擦れやすくなりますので、休ませることも大切です。

下総中山整骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

<捻挫の場合>

 

捻挫に対しての施術方法は、まず受傷機転や患部の状態をカウンセリング各種検査によって明確にします。

捻挫の程度によっては関節がズレている場合もありますので、その後に患部の炎症を抑える為に氷水等で冷却を行います。
この時炎症を早く引かせるために、当院ではハイボルト療法を行います。

また、患部の安静を図るために固定具包帯にて患部を固定します。
炎症がおさまり患部の状態が安定してきたら、運動療法電気療法にて筋肉や靭帯が拘縮しないようにします。

 

<腱炎・腱鞘炎の場合>

 

腱炎・腱鞘炎に対しては、捻挫と同じくまずはカウンセリング各種検査を行い、原因や患部の状態を確認します。
必要に応じて整復動作を行い、その後は冷却し、包帯サポーター等で固定して安静状態の持続を目指します。

こちらも運動療法電気療法にて患部の早期回復を図ります。

原因が身体のゆがみ等が原因となっている場合は、姿勢矯正骨盤矯正等を行い全身状態を安定させます。
この障害は過負荷が原因のことが多くみられるため、正しい動作や負担の掛かりにくい方法などをアドバイスさせていただきます。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活のいわゆるケガに対して行います。 内容としては、患部に対して電気療法、物理療法、後療法、運動療法、包帯等による固定法などがあります。

 

■特殊固定具

骨折や捻挫などをした際に、患部の状態や形状に合わせるために特殊な固定具を使って固定を行います。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)刺激を身体の深部に浸透させることで一時的に組織の活性化を促します。炎症抑制や疼痛緩和の効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各症状に合わせて特定の経穴(ツボ)や経絡に刺激を与えることで、その症状の原因である筋肉や神経系にアプローチします。

 

■テーピング

スポーツや日常でのケガに対して、さまざまな種類のテーピングを使い、症状を緩和に導きます。 捻挫などの時には固定を行い、筋緊張などの場合は血流やリンパの促通といった効果が期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみや各関節のズレなどを正常な位置に戻すことを目指した施術です。 整えることによって関節運動の正常化や、姿勢改善に繋がることが期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

金属製のカッサを使用して皮膚表面から擦る施術です。 筋肉と筋膜の状態を整えることや、血流やリンパの流れの改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:半田 一真(ハンダ カズマ)
出身地:群馬県
生年月日:昭和62年10月7日
血液型:AB型
趣味:スポーツ観戦
得意な施術:ゆがみ矯正、頭蓋矯正 
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:下総中山整骨院
住所〒273-0035 千葉県船橋市本中山2-19-3 ボナールTS 1F
最寄:JR 下総中山駅/京成線 京成中山駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日 日曜・祝日

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院 公式SNSアカウント 下総中山整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】下総中山整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中